日本とロシアのビジネスを繋ぐMTCJapan

  • ロシア情勢
  • お問い合わせ
Home > ロシアで発見!身近なところにグルテンフリー

ロシアで発見!身近なところにグルテンフリー

ロシアで発見!身近なところにグルテンフリー

こんにちは!9月末からインターンに参加しています柴橋です。
今回は、私のインターンシップ活動についてご紹介したいと思います。

私の今回のインターン参加の動機であり、目標は「将来ロシア×秋田貿易の成功のカギになる、切り口/キーワードを見つける!」です。参加するにあたり、「健康食品」や「発酵食品」に注目し、秋田の企業さんからいくつか商材を提供していただき、超過料金をかけ持参してきました!💪
その中でも、今回は「健康食品」の観点から提供してくださった「グルテンフリー食品」についての調査を特集したいと思います。

そもそもグルテンフリー食品とは…
グルテン(小麦、ライ麦、大麦、ライ小麦などに含まれるタンパク質の総称)が入っていない製品のこと。
「グルテンフリー」はもともと、グルテンが分解できない人向けや、小麦アレルギー、セリアック病の治療を目的とした食事療法として扱われていました。
しかし、健康志向の高い人が同様の食事療法を行ったところ、体調維持に役立つと評判になり、近年、欧米諸国で広まった新食習慣となりました。
テニスのノバク・ジョコビッチ、モデルのミランダ・カー等、有名人が実践した影響で、一般の人々の間にも広がり、今ではグルテンフリーは健康的なライフスタイルの一つとして、欧米で定着しているそうです。
(参照:一般社団法人グルテンフリーライフ協会)

そこで、秋田から持参した「グルテンフリー食品」に対するロシア人の反応を調査する前に、実際にロシアではどの程度認知されているか調べる過程で、ここサンクトペテルブルクではどのくらい流行っているのかを調査してみました。
すると、昨年開店したばかりでサンクトペテルブルクで初めてグルテンフリーに特化した大規模なレストランを発見し、インタビューに伺うことができました!✨

レストラン名は「Ферма Бенуа」(Тихорецкий проспект, 17 лит Г, 1 этаж, МО №19 “Академическое)
http://www.benua1890.ru/benua-farm

(手にしている物は見づらいかもしれませんが、いつも持参している秋田犬🐕となまはげ👹のうちわです!いつでも秋田の宣伝は欠かせません!笑)

当日は、このレストランのPRマネージャーであるПолина Бежаловаさんとお会いし、以下5点の質問を中心にインタビューさせて頂きました!

1,どうして「グルテンフリー」に特化したお店を出店しようと考えられましたか?
➡このお店を出店した理由は場所とグルテンフリーの需要と二つの理由があります。
一つ目に、この場所を選んだ理由はこの周辺はベットタウンになっていますが、今まであまり大きなレストランがありませんでした。そして、ここは元々酪農を昔から営んでいた場所で、歴史ある建物がありました。そこで、この建物をリフォームし、大規模なレストランにすることで、周囲の住宅街に住まわれている方々を顧客層に取り入れることができました。
二点目に、グルテンフリーに注目した理由についてお話したいと思います。当然グルテンに関する病気を持っている方々はロシアにもいますが、今までは食べたくともグルテングリーの料理のバリエーションが少なかったため、我慢している方々が多くいました。例えば、子供が大好きなハンバーガーやピザを代表とするグルテンフリー料理は今までありませんでした。そこで、この点に特化することで、グルテンアレルギーの方々も顧客層に取り入れることができました。
実際に、最近「グルテンフリー」や「グルテンフリーダイエット」が流行になっているので、興味本位で来られるお客様もいらっしゃいますが、半数はグルテンアレルギーの方々がいらっしゃいます。

2, お客様の層や、お客様の反応について
➡ここ周辺のベットタウンにファミリーレストランがなかったこともあり、家族連れのお客様が来られ、大変満足されています。また、すでに地元の常連客もいらっしゃいます。近年、街の中心地だけではなく、このようにベットタウンにレストランを構えるオーナーの方々が増えてきているそうです。(確かに、このお店はメトロからは遠く、街の中心地からもバスで35分くらいかかりました。)また、二階はイベント用のホールになっており、披露宴や誕生日会、レクチャー用にも使用することができ、様々な目的で来店頂いています。

3,このお店の将来像について
➡まだ一年目であるので、軌道に乗せることを第一に頑張りたいと思っています。今後の予定としては、学校の遠足や観光客のパッケージツアーのプログラムに組み込んでもらい、プログラムの最後にこちらに来てゆっくり食事をしてもらうような形を作りたいと考えています。

4,どのような料理が人気商品ですか
➡一番はハンバーガーです。ハンバーガーのバンズはなかなかグルテンフリーの物が手に入らないため、来店してくださったグルテンアレルギーのお客様で、初めてハンバーガーを食べ大変喜ばれている方もいらっしゃいました。また、ピザに関しても、グルテングリーは珍しいので、同じく好評です。
メニューの中には、グルテンフリーの物に代用できるマークもついており、ほとんどの料理をグルテンフリー料理として召し上がってもらうことができます。

5,秋田から持参した商材の反応について
➡日本産のグルテンフリーは大変珍しいし、日本産というだけで気になるお客様も沢山いると思いますので、大変興味深いです。
特に、ロシアのグルテンフリーの技術では「スパゲッティ」のような、長い形状でしか作ることができません。(スーパーで販売されているグルテンフリーのマカロニやペンネは全てイタリア産で価格も倍でした。ちなみに、こちらで扱われているグルテンフリーはロシア産だそうです。)ですので、グルテンフリーの「マカロニ」、「ペンネ」、「フジッリ」はとても珍しいです!!
(そのため、実際にシェフの方にサンプルをお渡しし、コメントを後日頂く予定です。)

インタビューの後、実際にピザをご馳走して頂き、合わせて話題になったハンバーガーとパスタを頂きました。

初めてグルテンフリーを食べてみましたが、イメージしていたものとはだいぶ異なり、凄く食べやすく、寧ろグルテンフリーと言われないとあまり分からないくらいでした。

パスタ:グルテンが作用するもちもち感はないものの、見ためによらずあっさりしていて凄く食べやすかったです。
ピザ:グルテンがない分膨らみませんが、クリスピーのような感覚で味わうことができ、味付けも完璧で大変美味しかったです。
ハンバーガー:写真で見て頂くと分かりますが、パンの断面に空洞があり、食べた感覚は何か懐かしいと思ったら、油揚げのような食感でした。ですが、こちらに関しても凄く食べやすく、グルテンアレルギーではなくとも、またここまで食べに来たいと思えるような味わいでした。

 

以上長くなりましたが、サンクトペテルブルクで初めて「グルテンフリー」に特化したレストランを去年出店された「Ферма Бенуа」のインタビューについて特集させて頂きました。
店内もデザイナーさんにオーダーし、酪農を営まれていたころの名残を基調とし、現代風にアレンジしたこだわりのあるインテリアが多く、レストランにいるだけで楽しめる、そんなお店でした。
特に、写真好きなロシア人にとってはたまり場になるのではないでしょうか?
また、隣接している幼稚園(小学校に入学するまでの児童に音楽や英語などを教える、英才教育塾のような場所)やピクニックに持ってこいの広場もとても素敵でした。

ぜひサンクトペテルブルクにいらした際は、一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

次回は、先週から新たにインターン仲間に加わった方についてもご紹介したいと思います!✨

MTCJapanは日本人によるロシア現地法人として、日本人が細やかなサービス・サポートをすることが出来る唯一の企業です。

MTCJapanでは現地に幅広いネットワークを持ち、様々な要望に対応できる日本人スタッフが全て日本語で対応をさせて頂きます。

サンクトペテルブルグ日本領事館、日本センター、日本商工会加盟し、安心と実績のあるビジネス展開し、全てのスタッフが日系企業での豊富な業務経験をもち、迅速対応致します。

様々な日系、ロシア系企業との専属業務提携があり、専門家による迅速な露和・和露翻訳・通訳等もサポート致しますので、ロシアでのメディカルツーリズムやビジネス展開、イベント開催、現地視察から旅行まで何でもお気軽にご相談下さいませ。

同じカテゴリーの関連記事

提携企業様・関連コンテンツ
ソーシャル

こちらからまたはお問い合わせページにてMTCJapanへのお問い合わせが行えます。