日本とロシアのビジネスを繋ぐMTCJapan

  • ロシア情勢
  • お問い合わせ
Home > ロシア最大の航空見本市MAKS2015がモスクワ近郊のジュコフスキーで開催

ロシア最大の航空見本市MAKS2015がモスクワ近郊のジュコフスキーで開催

ロシア最大の航空見本市MAKS2015がモスクワ近郊のジュコフスキーで開催

ロシア最大の航空見本市MAKS2015がモスクワ近郊のジュコフスキーで9月25日~30日の日程で開催されました。

当見本市にはロシア内外問わず、海外からも多くのメーカーが参加をしており、機体メーカーからはボーイング(米)、エアバス(仏)、部品メーカーからはプラット&ホイットニー(米)タレース(仏)に代表されるような欧米の有名サプライヤーの参加もあり、制裁の影響を感じさせない盛況ぶりでした。

現在ロシアでは、日本で開発進む三菱リージョナルジェットと同じタイプの100~150名乗りの小型ジェット機であるスホイスーパージェットが既に量産体制に入っており、同機のサプライヤーには欧米メーカーが名を連ねています。

またエアバスA320やボーイング737と同様の150~180名乗りの機種であるMS-21も現在プロトタイプの生産が行われており、サプライヤーとして多くの海外メーカーが参加をしてます。

残念ながら本年度の見本市への日系企業の参加は0(前回2013年度は6社)であり、改めてロシアの航空機産業に対する日本のメーカープレゼンスの低さを認識するに至りました。

日本側としては航空機部品ということで武器輸出の規制に関する部分での不安が大きく、且つロシアという未知の国の企業との協業は前例が少ないため、初めの一歩を踏み出せない要因となっているようである。

上記のような課題は一足飛びに解消されるものではないですが、その課題を乗り越える労を払う価値がロシア航空機市場にはあると考えます。

ロシアの航空機産業は今までは軍事面がフォーカスされてきましたが、スホイスーパージェットの生産や、MS-21などの開発が進むことで、民間航空機の分野でもビジネスの拡大が見込まれます。

日本企業のロシア航空機分野での実績は少ないですが、今後無視できない市場の一つとして注目していくべきと考えております。

MTCはロシア現地に拠点を構え、日本人スタッフはロシアの言語、文化、ビジネスに精通をしており、両者がビジネスを進めていく上での縁滑材の役割を担うことができます。

ロシア市場調査や、ビジネスマッチングに関しては是非お気軽に以下までご連絡下さいませ。

MTCJapanは日本人によるロシア現地法人として、日本人が細やかなサービス・サポートをすることが出来る唯一の企業です。

MTCJapanでは現地に幅広いネットワークを持ち、様々な要望に対応できる日本人スタッフが全て日本語で対応をさせて頂きます。

サンクトペテルブルグ日本領事館、日本センター、日本商工会加盟し、安心と実績のあるビジネス展開し、全てのスタッフが日系企業での豊富な業務経験をもち、迅速対応致します。

様々な日系、ロシア系企業との専属業務提携があり、専門家による迅速な露和・和露翻訳・通訳等もサポート致しますので、ロシアでのメディカルツーリズムやビジネス展開、イベント開催、現地視察から旅行まで何でもお気軽にご相談下さいませ。

同じカテゴリーの関連記事

提携企業様・関連コンテンツ
ソーシャル

こちらからまたはお問い合わせページにてMTCJapanへのお問い合わせが行えます。